一般社団法人 宇都宮観光コンベンション協会

大祓式・茅の輪くぐり(二荒山神社)(6月30日)

DSC00481

大祓式は人々の罪と穢れを祓い清めるために行われる行事で、二荒山神社では毎年6月30日と12月31日の2回行われます。
6月の大祓の時に「茅の輪くぐり」という珍しい神事が行われます。式終了後、菅(すげ)茅(かや)の茎や葉をたくさん束にしたものを白茅で編んだ縄でもって巻き上げ直径約2mの輪を作り、「水無月の夏越しの祓いする人は千年の命延ぶというなり」という歌を唱えながらくぐると、病気、災難 から逃れ、長生きできると伝えられています。

 

お知らせ
三密を避けるため、茅の輪は6/28(火)~7/3(日)設置されていますので、分散してお参り下さい。
所在地〒320-0026
開催日6月30日
開催時間15:00~15:40
開催場所二荒山神社
ホームページ http://www.futaarayamakaikan.jp/shrine/

※上記の時間等を含む内容は変更になる場合があります。ご了承ください。


一般社団法人
宇都宮観光コンベンション協会
〒320-0806 栃木県宇都宮市中央3丁目1番4号(栃木県産業会館2F)
TEL:028-632-2445 FAX:028-636-7421