宇都宮観光コンベンション協会

二荒山神社天王祭(7月15日~20日)

DSC00880

二荒山神社境内に鎮座する須賀神社のご祭神、須佐之男命(スサノオノミコト)によって邪気(夏の疫病)をはらう祭りです。天王祭自体の由来は古く、平安時代の869年京都に疫病が流行した時に、それを鎮めるために行われたのが始まりです。
その後は有名な京都の八坂神社の祇園祭より全国に広まり、各地で祇園祭、天王祭、須賀祭と称され行われています。
二荒山神社では、7月15日に神輿がお出ましになり、そのすぐ後の土曜日の夕刻に宇都宮城址公園から約40基の子供神輿(氏子町会の神輿)が出発し、シンボルロード、オリオン通りを練り歩き、下の宮で親御輿(須賀神社の神輿)に対面し、バンバひろばに到着、その後1基ずつ、二荒山神社石段を上がります。また、翌日日曜日は親御輿(須賀神社の神輿)が、午前、午後に分けて、氏子町会の上町、下町を渡御します。親子対面神事は昭和26年から行っています。

 

お知らせ
新型コロナウイルスの感染防止のため、2021年の「親子みこし対面」と「親みこし渡御」は中止となります。
所在地〒320-0026
開催日7月15日~20日(期間中日曜がない場合は期間直後の日曜まで)
開催場所宇都宮二荒山神社、市内中心部
ホームページ http://www.futaarayamakaikan.jp/shrine/

※上記の時間等を含む内容は変更になる場合があります。ご了承ください。


宇都宮観光コンベンション協会
〒320-0806 栃木県宇都宮市中央3丁目1番4号(栃木県産業会館2F)
TEL:028-632-2445 FAX:028-636-7421