宇都宮観光コンベンション協会

  • フォントサイズ小中大

二荒山神社太々神楽(1月28日、5月28日、9月28日)

hutaarakagura

宇都宮市指定無形文化財で、二荒山神社の境内の神楽殿で奉納される行事です。日々ご加護いただいている神さまに神楽を奉納して感謝するもので、神楽を始める前に、奉告及び感謝と更なる守護を祈願する祭典を行います。祭典につづいて、神楽殿において神楽が奉納されます。この神楽は江戸系神田流をくむ「宮比流太々神楽(みやびりゅうだいだいかくら」で、江戸時代中期ころからのもので、中断と復興を経て現在は1月・5月・9月の28日に年3回、神楽保存会により行われています。舞の数は18演目(この中から数演目が行われる)で「天の岩戸の舞」や「蛇の舞(やまたのおろち)」などがあり、神楽面は40種が伝えられており、その裏面には高田運春ら江戸時代の終わりごろから明治時代にかけて活躍した宇都宮仏師の名が墨書きされたものもあります。

所在地〒320-0026
開催日1月28日、5月28日、9月28日 10:00~15:00
開催場所二荒山神社
ホームページ http://www.futaarayamakaikan.jp/shrine/

※上記の時間等を含む内容は変更になる場合があります。ご了承ください。


宇都宮観光コンベンション協会
〒320-0806 栃木県宇都宮市中央3丁目1番4号(栃木県産業会館2F)
TEL:028-632-2445 FAX:028-636-7421